抗アレルギー薬が効かないのは亜鉛アレルギーのせい

花粉症やアトピー性皮膚炎、気管支喘息など、アレルギー疾患には多くの種類があります。
アレルギーのもととなるアレルゲンも多くのものがあり、ハウスダストからスギ花粉、カビなど様々なものが存在しています。
アレルギーの治療には、花粉症の場合などには抗アレルギー薬を使用するのが一般的です。
抗アレルギー薬は病院での処方の他に薬局で売っているものもあります。
アレルギーには金属アレルギーというタイプが見られますが、その人にとってアレルゲンとなる金属が使われたアクセサリーを身に付けていてかぶれたり、歯の治療に使われた金属の詰め物が合わないせいで口の中や全身に炎症や皮膚炎が起こったりします。
亜鉛アレルギーも金属アレルギーのひとつですが、歯科治療に使われる銀歯に含まれていることがあるので、注意が必要です。
亜鉛アレルギーなどの金属アレルギーが原因で皮膚炎になっている場合、皮膚科に行って塗り薬や抗アレルギー薬を処方されて治療を行っても、一時的には改善したとしても根本的な原因が解決出来ていないため、症状がぶり返す可能性があります。
亜鉛アレルギーであるかどうかを調べるには、皮膚科やアレルギー科でパッチテストを受けて、自分がどのアレルゲンに反応するかを知る方法があります。
秋田市には金属アレルギーかどうかを調べることが出来る医院が多くあるので、思い当たることがある人は受診してみると良いでしょう。
また、秋田市には金属アレルギーのパッチテストを行い、当てはまるなら口の中の金属の詰め物などをアレルギーを起こさない材質のものに変更する治療が出来る歯科医院があり、パラジウムやクロム、亜鉛アレルギーなど多くの種類の金属について調べられるので、自分の体調不良の原因は歯の詰め物ではないかと思っている人は、歯科医院の受診がおすすめです。
秋田市で歯科金属アレルギーの治療が出来る所には、旭南の玉木歯科医院などがあります。

ページトップへ