花粉症、アレルギー性鼻炎には抗アレルギー薬

 代表的なスギやヒノキ、イネ、ブタクサなどの植物性の花粉症と言えば、今や日本人の国民病と言っても過言ではありません。目や鼻のかゆみ、鼻水や鼻づまりなど医療機関に行くとまず始めに、症状の軽減に抗アレルギー薬を処方されます。個人差はありますが副作用として眠気や頭が重く感じたりする症状が強く日中の仕事に支障が出る人もいます。
 抗アレルギー薬にも種類はあるので色々試してみるのもよいと思いますが、一番は花粉を持ち込まないに限ります。帰宅時に毎回手洗いうがいと一緒に洗顔をします。洗顔によって顔に付着している花粉を洗い流します。そうすることで室内にいる間は不快感を減らせる事ができます。
 しかし、洗顔が出来ない場所もあり副作用の眠気で抗アレルギー薬に頼れないと言う方にはアレルギー性鼻炎体質改善があります。花粉シーズンが始まる前に始める必要がありますが、効果はあると言われます。
 アレルギー症状は免疫反応が過剰になった状態を指します。アレルギー性鼻炎体質改善には一度生活を見直し免疫バランスを正常に戻す必要があります。悪影響の要素を是非取り除いてアレルギー性鼻炎体質改善を取り入れてみると効果が得られます。
 効果があると言われる方法は、軽い運動の習慣性、十分な睡眠、住環境の清潔さ、酒や煙草を控える、脂肪や糖や乳製品などを控えた食生活、腸内環境を改善する食事や成分を積極的に摂取するなど、花粉症シーズンが始まる前から始めてみれることがらです。花粉症に良い成分の食べものから必要量を取り入れるのが困難な時にはサプリメントを上手に活用する方法もあります。また、マスクやゴーグルを使い呼吸器に花粉が入らないようにする方法もあります。日常生活の見直しから始まる体質改善の方法は日々の生活の習慣づけとして定着づける事が大切です。

ページトップへ